【情報】多通貨での決済も可能になる、らしいです。

Stripeでは「ドルやユーロ等の多通貨での決済も可能になる予定」らしいです。

海外向けのオンラインショップや英語の通販サイト、多言語が切り換えられるECサイト系の問い合わせが最近増えているので、Stripeのカスタマーサービスに問い合わせてみました。

導入時期は未定、早くて年内、おそらく来年・・・らしいです。

ここで気になったのは「海外通貨から日本円への変換レート」。
その理由はPaypal。だいぶ後から知ったのですがこれが結構曲者です・・・

Paypalでは多通貨決済が可能ですが、登録できる銀行口座は1つのため、最終的には銀行口座と同じ通貨に売り上げを変換しなければいけません。
(多通貨で預金ができる口座であれば別です。日本国内ではほとんどないのではないでしょうか・・・)
この変換レート、Paypalは独自レートを利用していると言われています。
あいまいな書き方をしているのは、どうもその独自レートについてはPaypalははっきりと公言していないのです。
「実際の換算時に表記します」とは書いているけど(笑)。
実際に換算する前にレートを教えてよ!って思いますよね・・・。
気になる方は「paypal 通貨換算 レート」のキーワードで調べてみることをおすすめします。

で、気になるStripeの通貨換算レートについての回答は

「為替レートは Open Exchange Rate  をリアルタイムで使用します。」
「事前にGoogle Currency Converter でも見積もりすることが可能です。」

とのこと。

ものすごく、明瞭会計です。

Google Currency Converterのレートは一般的な為替レートとほとんど誤差はないはずです。(すみません、厳密に同じかどうかはよくわかっておりません・・・)

Stripeは銀行口座への振替手数料も無料(週1回まで)。
こうなってくると、もうPaypalという選択肢はないのかも・・・とすら思えてきました・・・

実際の多通貨決済が可能になるのがいつなのか?はわかりませんがいよいよ頼もしいサービスに思えます。
(回し者とかじゃないですのであしからず・・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>